September 14, 2011

県央地区大会のお知らせ

平成23年度長崎県高等学校総合文化祭演劇部門県央地区大会

の演目が発表されました。

詳細は長崎県高等学校文化連盟演劇専門部公式HPにupされています。

keiho_drama_club at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

図書館より(今週のワンフレーズ)

図書館前に掲示してある、今週のワンフレーズ。

毎週楽しみにしています。

今週はこれ

IMG_2412

プロフィール(公式サイトから転載)

hiroyuki_ishii

石井裕之(いしい・ひろゆき)
 
1963年・東京生まれ。
 
催眠療法やカウンセリングの施療経験をベースにした独自のセミナーを指導。人間関係、ビジネス、恋愛、教育など、あらゆるコミュニケーションに活かすことができ、誰にでも簡単に実践できる潜在意識のノウハウを一般に公開。
 
2008年10月には、東京国際フォーラムにて、5000人を集めるビッグセミナーを成功させた(現在DVD好評発売中)。石井裕之のセラピスト体験の集大成ともいえる目標達成プログラム『ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム』(フォレスト出版)は、1万人の手に渡る大ヒット作となっている。
 
38万部突破のベストセラー『「心のブレーキ」の外し方』(フォレスト出版)はいまも全国の読者から熱い感謝の手紙が絶えない。また、日本ではじめて≪コールドリーディング≫というニセ占い師の会話テクニックを紹介した『コールドリーディング』シリーズも80万部を突破した。
 
そのほか、『かぼ〜アクリルの羽の天使が教えてくれたこと』、『ダメな自分を救う本』(以上、祥伝社)、『チギレグモノ、ソラノシタ』(小学館)など、著書は30冊を越え、累計250万部以上にのぼる。
 
日本テレビ「おもいッきりテレビ」、テレビ東京「サイコラッ!」、フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」、ABC「ビーバップ!ハイヒール」など、テレビ出演も多数。



keiho_drama_club at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 02, 2011

今週の図書館

前回の記事に書いた、図書館バージョンアップ。

今週も続いています。

IMG_2411


仕事の行き帰りに必ず通る通り道にあるので、いつも立ち止まって見入っています。

IMG_2410

今週は少し趣が変わっています。

IMG_2409

いいですね。心が洗われます。

今の私の心の支えです。


keiho_drama_club at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 25, 2011

バージョンアップ

本校の図書館が少しずつバージョンアップしています。

学校図書館の重要性は周知の事実でありながら、現実の現場では後回しにされる傾向にあります。

あるレポートで以下のような記述がありました。

『学校図書館は、教育の他の側面とは異なり教育的効果を可視的に測定することが難しく、潜在的であるため,学校現場の優先順位から疎外され、…(以下略)』

5年くらい前から、少しずつではあるけれども担当者がバージョンアップを繰り返してきました。これは担当者の努力が大きいと思います。

まずは蔵書のデータベース化、それに伴う貸し出し等に伴うバーコード処理。

予算的措置もさることながら、導入事例のある先進校への視察も含め、見えないところで努力を続けてこられました。

ことさら、大きくアナウンスされることもなく、当たり前のようにバージョンアップしていましたが、導入には様々な障害があったのも事実です。

現在の取り組み。

『利用しやすく、利用したくなる図書館』

本校の図書館は場所にはあまり恵まれているわけではありません。

図書館を利用しやすいように、そして誰もが利用したいと思う図書館にするために、バージョンアップが続いています。

IMG_2407

IMG_2408

図書館担当の先生方と図書委員の生徒たちを中心に様々な取り組みがなされています。

学校図書館の重要性について考えさせられるからこそ、私も影ながら応援したいと思っています。



keiho_drama_club at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 07, 2011

第56回全国高等学校演劇大会結果速報

大会名  第35回全国高等学校総合文化祭演劇部門大会
     (福島大会 東日本大震災復興支援香川大会)
     第56回全国高等学校演劇大会

期 日  平成23年8月2日(火)〜4日(木)リハーサル
          8月5日(金)〜7日(日)上演等
      詳細な日程はこちら

会 場  綾歌総合文化会館アイレックス
      香川県丸亀市綾歌町栗熊西1680番地

結 果  最優秀賞
      文部科学大臣賞
      全国高等学校演劇協議会長賞
      全国高等学校文化連盟会長賞 ほか

        中国ブロック代表 山口県立華陵高等学校
         『カツっ!』
          作 フローレンス・デラコリーナ

     優秀賞(上演順)
      文化庁長官賞
      全国高等学校演劇協議会長賞
      全国高等学校文化連盟会長賞 ほか

        九州ブロック代表 津曲学園鹿児島高等学校
         『窒息』
          作 谷崎淳子

        近畿ブロック代表 大谷高等学校(大阪)
         『逝ったり生きたり』
          作 東尾咲

        北海道ブロック代表 北海道北見北斗高等学校
         『ぺったんぺったん!』
          原案 北海道北見北斗高等学校演劇部 作 梅村真奈 鳥羽啓太 新井繁

     創作脚本賞

        近畿ブロック代表 大谷高等学校(大阪)
         『逝ったり生きたり』
          作 東尾咲

     舞台美術賞

        関東ブロック代表 埼玉県立秩父農工科学高等学校
         『少年神社』
          作 コイケユタカ

   上演順  四国ブロック代表 香川県立高松工芸高等学校
         『Stick Out』
          作 川田正明+演劇部
        中部日本ブロック代表 愛知県立新城東高等学校
         『親の顔が見たい』
          作 畑澤聖吾(新城東演激部潤色)
        東北ブロック代表 岩手女子高等学校
         『Colors』
          作 川村明日香
        中国ブロック代表 山口県立華陵高等学校
         『カツっ!』
          作 フローレンス・デラコリーナ
        関東ブロック代表 群馬県立前橋南高等学校
         『荒野のMarchen』
          作 民間伝承より原澤毅一脚色
        九州ブロック代表 津曲学園鹿児島高等学校
         『窒息』
          作 谷崎淳子
        開催県代表 福島県立大沼高等学校
         『ひきなかへしそ〜悲哀白虎五人男〜』
          作 佐藤雅通
        近畿ブロック代表 大谷高等学校(大阪)
         『逝ったり生きたり』
          作 東尾咲
        中部日本ブロック代表 愛知高等学校
         『紺屋高尾』
          作 古典落語(愛知高校演劇部潤色)
        北海道ブロック代表 北海道北見北斗高等学校
         『ぺったんぺったん!』
          原案 北海道北見北斗高等学校演劇部 作 梅村真奈 鳥羽啓太 新井繁
        関東ブロック代表 清泉女学院高等学校(神奈川)
         『モンタージュ〜はじまりの記憶〜』
          作 高泉淳子 伊沢磨紀
        関東ブロック代表 埼玉県立秩父農工科学高等学校
         『少年神社』
          作 コイケユタカ

その他詳細は長崎県高等学校文化連盟演劇専門部公式HPをご覧ください



keiho_drama_club at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇(大会関係) 

ゆるキャラ?



香川での移動で活躍した『ことでん』

今朝、乗ったら、車両の先頭にこんなんが鎮座しとりました。

名前は『ことちゃん』

ゆるいなぁ〜

肩の力が抜けていきます。

職場を離れて、自分を見つめ直すことができた香川での数日間。

おかげで、新たなスタートが切れそうな気がしてきました。

keiho_drama_club at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)管理人の独り言 

August 06, 2011

どこに向かおうとしているのか…

何ヶ月ぶりの更新だろうか。

昨年の九州大会以来だから、約8ヶ月ぶりですか。

いろんな思いから、もうブログは書くまいと思って、更新をやめていましたが、思うことがあって香川から更新しています。

今全国大会にきています。

本来であれば、福島県で開催される予定でしたが、大震災の影響で、香川で実施されています。

数年かかって準備しなければならないこのビッグイベントを、数ヶ月で実施にこぎ着けたその組織力・パワーに脱帽です。

平成25年は我が県で開催。

考えれば考えるほど頭痛がします。

というよりしていました。

周りにその立場を理解してもらえず、環境の悪さを、自分をつらさを、周りのせい、組織の理解のなさ、愚痴、批判、様々なことでこのかわいそうな自分を慰めていたのかもしれません。

自分がやりたいこと、やるべきことと思い込んでいることがうまくいかないことを、周りのせいにし、トップのせいにし、周りがつまらないからうまくいかない、と批判を繰り返す、そんな小さな人間になろうとしていたような気がします。

視察を兼ねた全国大会視察。

様々な会議オンパレードで、さらに勘違いが増長していたのかもしれません。

会議と、先催県へののヒアリング、等の合間に観劇させていただきました。

正直恥ずかしくなりました。

高校生が発する純粋なメッセージに目を覚まされました。

何を勘違いしていたのか。

『周りが変わるのを求めるのではなく、自分が変わらなければ』

自分の価値観・物差しだけで物事を判断し、あたかもそれがすばらしいことと思い込み、逆に言うと周りがつまらないと言い放つ(思い込む・行動に表す・と思われるような行動をとる)。

自分の軸足はどこにあるのか。

自分の足下を見失っていないか。

忙しさにかまけて、本来やるべきことを、手を抜いていなかったか。

高校生のひたむきな姿を見て改めて思い直させられた。

おまえはそんなに偉いのか。

おまえは何様なのか。

こんなところで立ち止まってはいられない。

家族・組織等々抱えるものは大きいけれど…

他人のこと、周りのことをとやかく言う前に、

『まず自分が変わらなければ』

リセット!

帰ったら、一から出直しです。

keiho_drama_club at 21:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)管理人の独り言 

December 19, 2010

事件です

九州大会が終了しました

結果は演劇専門部公式HPにupしました。

審査員の先生方にも厳しい講評をいただきましたが、次につなげるためのエールだと思っています。

今回一番うれしかったことは、部員達がのびのびと演技していたこと。

さらに、OBやOG、学校関係者がたくさん応援にきてくれたこと。

会場はかなり厳しいものがありましたが、現地スタッフのおかげで、満足のいく上演ができたと思っています。

ありがとうございました。この場を借りて関係各位にお礼申し上げます。


あと、事件です。

撤去を急いだときに、背筋をやりました。

まだつないだままのセットを無理矢理搬入口から運び出したときに…

(設置撤去も時間の規定がありますので)

平静を装っていますが、かなりつらいです。



keiho_drama_club at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇(大会関係) 

December 14, 2010

まもなく九州大会です

だいぶ、精神的なバランスもとれるようになってきました。

どれだけ平静を装っても周りの人は気がつくものですね。

さりげなく声をかけてくれます。

その一言がどれだけ支えになるか。

心臓に剛毛が生える育毛剤を誰かください。

さて、九州大会目前です。

打ち合わせも終了しました。会場が違えば出来ること出来ないこといろいろあります。しかし、その会場の都合に合わせるのがルールでありマナーだと思っています。

現地実行委員会の先生方にもいろいろご配慮いただき、何とかなりそうです。毎回思いますが、舞台係は大変です。

そうそう、九州大会の日程を演劇専門部公式HPにupしていましたので、そちらもご覧ください。

keiho_drama_club at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇(大会関係) | 管理人の独り言

November 25, 2010

クラブに顔を出せない日々が続く。

間接的にいろんなことが耳に入る。

いろいろなことが重なり、私の小さい器はあふれる寸前。

いろんなことがうまくいかない。

公私ともに心の平穏が保てない。

感情がコントロールできない。

平静を装うことができているかどうかもわからない。

自分が何をしているかわからなくなるときが多々ある。

でも、クリアしなければならない問題は山積。

そんな中、ぎりぎりのところで踏みとどまっている自分がいる。

いったいいつになったら雨は降り止むのか。

いったいどこまで進めばトンネルの出口にたどり着くのか。

そんな中、小中学校時代の同級生が亡くなったという知らせを受けた。

くも膜下出血だった。

10年以上連絡も取っておらず、通夜にも告別式にも参列できなかった。

言葉が出なかった。

今の自分は立ち止まったり、振り返ったりしたらそこで止まってしまいそうだ。

今は前を向いて歩くしかない。

「降り止まない雨はない。出口のないトンネルはない。」

これだけを信じて…

keiho_drama_club at 01:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)