November 03, 2006

事件続きです。

瓊浦祭も無事終わりました。瓊浦祭の内容や、画像については他の先生のBLOGを参照してもらうとして、あえて王道の記事をやめ、違った観点から書いてみたいと思います。

 この瓊浦祭は事件続きでした。まず、準備段階での事件。わがクラスは食品バザーで焼きおにぎりをすることになっていました。焼きおにぎりは炭火が一番ということで、』我が家にある最強炭火焼セット(U字溝を使ったもので以前の記事に書いていますが)を取りに学校のワゴンで家へ。家に到着すると、見知らぬワゴンが止まっていて、我が家の姫が知らないおっさんに抱っこされているじゃないですか。???。その後、ワゴンから松葉杖がにゅ〜っと。降りてきたのはなんと鬼嫁。???。団地内の坂道でこけて骨折したみたいです。詳しいことは嫁のBLOGでも読んでみてください。

 そうもしていられないので、学校に戻り準備を開始。メニューがおにぎりだけですから、他クラスのから揚げやフランクフルト、焼きソバなどに比べれば非常に弱い。演劇仕込みの寸角とベニヤで看板を作り、色塗りまでして。普段はあまり関わろうとしない生徒達も、看板作りが面白かったのか、わいわい言って頑張っていました。

 ここでまたもや事件です。この子達の生き生きとした表情をカメラに収めようとデジカメを取り出しスイッチオン。???。何か軽いような…。今日明日はたくさん取るからと昨夜充電し、電池を忘れてきました。が〜ん。

 おかげさまで、おにぎり約400個、無事完売です。(絶対売れ残ると思ったのに)

我力「高校生は無力じゃない」で始まったこの瓊浦祭。今年は特に生徒達の力を感じました。彼らの生き生きとした表情、正直久しぶりに見ました。企画の段階からぶつかり、作り上げてきたこの瓊浦祭。思いっきり笑い、感動して泣き。生徒達が触発されたのか先生方が触発されたのか、先生方も積極的にかかわり素晴らしいものになったと思います。私はあまり協力できませんでしたが、われわれの関わり方次第で生徒達はどうにでも変わっていく。というのをあらためて感じさせられました。一部否定的な人もいましたが、生徒達が一生懸命考え企画したものを結果論だけで否定するのはどうかと思います。そういう人に限って準備段階でほとんど関わっていないんですから。信じられない。もっと関わって、もっと生徒達と共に汗をかかなきゃ。

mayu−t、mon−tお疲れ様でした。



keiho_drama_club at 22:57│Comments(1)TrackBack(0)学校行事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鬼嫁&姫   November 07, 2006 07:07
パパちゃん、忙しいのにご迷惑かけます
おにぎり、全部売れてよかった

コメントする

名前
URL
 
  絵文字