July 18, 2008

生徒の主張

本日は終業式。
1学期の終わりという一つの節目を迎えます。
本年度は1年生を担当し、入学式で彼らに出会ってから、気がついたらここまで走り続けてきた感じがします。
今年は副担任としてクラスに関わり、正担任の時とは、違ったスタンス・目線で彼らを見てきました。

先日、ある時間に生徒たちにあるテーマで文章を書いてもらいました。

コミュニケーション能力が極端に低下してきていると叫ばれている現在、私から見てもそう思います。
例えば、会話にしても一問一答。問いかけにだけ答え、広がりがない。

ただ、表現する方法がまずいだけで、実際生徒たちは物事をよく考えよく見つめています。
普段の言動はどういう考えのもとで行っているのか。クラスメイトについて、授業について、クラブ活動について、担任について…。
本当に正直(?)にいろいろなことを書いてくれました。これによって気付かされたこともあり、私自身も考えさせられました。

一つ嬉しかったのは、良くも悪くも担任をよく見ているということを感じたことです。文章の中にも随所に登場しました。

こういうところがだめだ、こうしてほしい、これが良かった…。

今後もこれまで以上に、生徒と向き合っていきたいと思います。



keiho_drama_club at 08:32│Comments(0)TrackBack(0)学校ネタ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字