March 14, 2009

the Passion of Nagasaki

OBが頑張っています。

彼が出演する舞台を明日、見に行きます。

この舞台にはほかにも演劇部がいつもお世話になっている人もスタッフとして関わっています。

詳細はこちらから。

内容・感想等は後日書きます。

昨日はいいこととイヤなことがあり、複雑です。

いいことから。

詳細はいえませんが、若手の意見を具現化しようと奔走する人。やはり彼はすごい。彼も若手ですが(笑)。ただこの意見を現実にするために、計画倒れにしないように、私も積極的に関わっていくつもりです。この案が現実化すれば、本校独自の画期的な取り組みになります。

イヤなこと。

彼(別の人です)の性格なのでしょうから、本人は気がついていないのでしょうから、わざと言っているのではないでしょうが、二言目には「自分のせいになったらたまらない」。じゃあ、仕事をしてもらおうとする人のことはどうでもいいんでしょうか。さすがに相手の方も憤慨気味でしたが…。

長崎出身の大先輩、美輪明宏さんが、「オーラの泉」の中でこんなこと言っていました。(たまに見ます)

他人と自分を比べて優越感や劣等感を持つのは
くだらない他人志向。
大切なのは自己志向。
自分が満足して自分が納得すればいい。

じゃあ果たして、自分はどうなんだろう。教育に携わってきて、やっと慣れてきた。自分を振り返ったとき、自分の足りないところを改善しようとしているだろうか、現状に満足せずに向上心を持ち続けているだろうか。どうでもいいことで、進めなければならないことを止めてしまっていないだろうか。

同じく美輪明宏さんの言葉で

自分に満足した人は天狗になる。
自分に満足できないから向上心が生まれる。
まだ足りぬ踊り踊りてあの世まで。

天狗にならず、裸の王様にならず…

向上心がある者に、喧嘩をしている暇などない。
五分の理がなければ、大事な事でも、相手に譲れ。
十分の理があろうとも、些細な事なら、相手に譲れ。
                エイブラハム・リンカーン

来週からは年度末業務・新年度準備で日常に忙殺されます。忙しいからといって大事なことを見失わずに、頑張らなければ。



keiho_drama_club at 18:38│Comments(0)TrackBack(0)プライベート | 演劇(独り言)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字