November 26, 2009

新しいスタート

今年度は残念ながら、県大会で敗退しました。

平日はこれまで以上に余裕がないほど忙しいですが、この時期にあり得なかったような休日が予想外に出来ています。
それをいいことに、鬼嫁&姫’sから休日のすべてのスケジュールを押さえられ、ある意味休息が取れません。
今だからいえることですが、こういう時間も必要なんだなということを感じています。

当の演劇部も新しい体制がスタートしています。
大会前には常々生徒たちに言っていることがあります。

「君たちはプロではない。自分たちで作り上げてきた劇を、精一杯上演し、観客に対して自分たちのメッセージを伝えよう。そこで観客と一体となって上演を通して何か感じることが出来れば最高。自分たちの納得のいく演劇をやろう。」

演劇はスポーツとは異なり、見る人によって評価が分かれます。また、上位大会に推薦するために大会講師の先生方に順位をつけていただいています。
推薦していただければ最高ですが、それがすべての目的ではないと思っています。商業演劇とは異なり、クラブ活動の一環として活動をしているわけですから、結果ではなく作り上げていく過程が大事だと思っています。

今後ともこのスタンスに変わりはないですし、我々が顧問として携わっている間は、変わることないでしょう。

今は期末考査前で活動を休止していますが、考査後さっそく体作りに着手します。生徒たちが考えたスローガン

『熱くなろうぜ2010』

これを軸に今後とも頑張ってもらいたいと思っています



keiho_drama_club at 10:59│Comments(0)TrackBack(0)演劇(独り言) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字