August 04, 2010

全国総文(宮崎)視察四日目

全国総文(宮崎)視察四日目

視察報告書作成が煮詰まってきたので、ちょっと独り言を。

やっと演劇部門がスタート。

ちょっと前までは純粋に演劇を鑑賞することができたが、今回はそうではない。

長崎での全国総文を控え、どうしても運営の目線で見てしまう。

せっかくのハイレベルの高校演劇を見ることができる貴重な機会。

しかし一日の半分は情報収集。

ヒアリングや資料集め、写真。

それでもガッツリと芝居も見た。

客席から見ると,舞台にどんどん引き込まれる。

スタイルは違えども、エネルギーを感じる。

パッションを感じる。

素人ながらに、素人だからこそ、素直に見ることができる。

さわやかな高校生の演技。

大人の事情が渦巻くけれども、生徒のための祭典であり、生徒たちが輝くことができる大会にしたい。

そうできるための土台になり、どんな汚れ仕事でも、上演した生徒たちのさわやかな演技が見ることができれば報われる。

愚痴を言ってもしょうがない。

上を見ればきりがない。

無い物ねだりをしてもしょうがない。

だけども、限られた条件の中で、できる限りのことをしたい。

そのためなら踏み台でも屍でもならないといけないでしょう。

いろいろなものを犠牲にしますが。

しかし私二は最大の理解者がいる。

だからこそ踏ん張れる。

忙しいことを言い訳にしたくない。

とにかく走りつつけるしかないでしょう。

笑顔でね。

トンネルの先にあるかすかな光を目指しながら…。



さて、報告書を仕上げて寝よう。明日のために(ていうかもう今日だ)

keiho_drama_club at 00:59│Comments(1)TrackBack(0)演劇(大会関係) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鬼嫁&姫’s   August 04, 2010 12:00
パパちゃん、おしごとがんばってね!
まってるよ! by姫&小姫
貴重な情報収集&演劇鑑賞、フル活動してきてください☆  by最大の理解者でありたいと願う鬼嫁より

コメントする

名前
URL
 
  絵文字