August 25, 2011

バージョンアップ

本校の図書館が少しずつバージョンアップしています。

学校図書館の重要性は周知の事実でありながら、現実の現場では後回しにされる傾向にあります。

あるレポートで以下のような記述がありました。

『学校図書館は、教育の他の側面とは異なり教育的効果を可視的に測定することが難しく、潜在的であるため,学校現場の優先順位から疎外され、…(以下略)』

5年くらい前から、少しずつではあるけれども担当者がバージョンアップを繰り返してきました。これは担当者の努力が大きいと思います。

まずは蔵書のデータベース化、それに伴う貸し出し等に伴うバーコード処理。

予算的措置もさることながら、導入事例のある先進校への視察も含め、見えないところで努力を続けてこられました。

ことさら、大きくアナウンスされることもなく、当たり前のようにバージョンアップしていましたが、導入には様々な障害があったのも事実です。

現在の取り組み。

『利用しやすく、利用したくなる図書館』

本校の図書館は場所にはあまり恵まれているわけではありません。

図書館を利用しやすいように、そして誰もが利用したいと思う図書館にするために、バージョンアップが続いています。

IMG_2407

IMG_2408

図書館担当の先生方と図書委員の生徒たちを中心に様々な取り組みがなされています。

学校図書館の重要性について考えさせられるからこそ、私も影ながら応援したいと思っています。



keiho_drama_club at 20:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字