演劇(日常)

December 12, 2006

飯盛中学校人権集会に参加してきました

12月12日(火)、本校演劇部が飯盛中学校の人権集会に出演を依頼され、上演に行ってきました。

午前中、照明、音響、大道具等の仕込みを行い(皆さんが想像される以上に時間がかかります)、昼食の時間に。本日は飯盛中学校さんのご配慮で、中学生と同じ給食を頂きました。生徒達も数ヶ月〜2年半ぶりに食べた昼食に懐かしさを感じていました。

その後簡単なリハーサルを行い、人権集会が始まりました。中学生達が人権意識を高めるために、飯盛中学校内でとった様々なアンケートの結果を分析し、自分たちが何がいけなかったのか、これからどうしていけばいいかについて真剣な発表が行われました。

その後本校の上演で、新鮮だったのか、ウケもよく時には笑い声も。

上演終了後、集会が終わり撤収に入りましたが、生徒会の子達が搬出・清掃まで手伝ってくれました。中には舞台セットに興味がある子達も数十人残り、装置の裏側を真剣に眺めていました。

本日の画像は残念ながらありませんが、本校演劇部にとっても飯盛中学校の生徒さん達にとっても、非常に意義のある、新鮮な人権集会となりました。

お世話になった飯盛中学校の皆さん、ありがとうございました。



keiho_drama_club at 20:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

November 09, 2006

異国の丘

今日は、長崎ブリックホールで劇団四季「異国の丘」があります。久しぶりの劇団四季の公演ということで、私自身も楽しみにしていましたし、鬼嫁からもうらやましがられていました。県大会に向けての練習ばっかりじゃ、生徒たちもマンネリ化してしまうので、気分転換また、今後演劇をやっていく上での何かヒントになればと、我が演劇部も観劇に出かける予定でした。

しかし、出発する前に大事件勃発。

mon−tやmayu−tにも助言をいただきながら(今後も迷惑をかけますが)、何とか解決できそうです。いつも頼りにしてます。

おかげさまで、18時30分開演なのにもうこんな時間(現在19時55分)。とても行けそうににありません。楽しみにしてたのに…。残り時間少なくても行くべきか悩んでいます。でも、やっぱり行ってみよ〜っと。間に合うかな?。



keiho_drama_club at 19:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

August 19, 2006

昨日のレロレロ事件

昨日、先輩を迎えに行ったあとお昼がまだだったので、チャンポンを食べに行くことに。有名店は数あれど、何せ台風の影響によるこの雨。姫を連れているしなかなか行動が取りにくい。仕方が無く、アミュの中の皇上皇で食べることに。でもどうも姫の様子がおかしい。まあ、先輩に人見知りしてるんだろうとあまり気にせず食べていると、いきなり私に向かって『レロレロ〜』。シンガポールのマーライオンみたいに逆噴射。人見知りじゃなくて体調不良だったのね。隣の席の人はむっとしてたけど。

帰ってからも再びマーライオンになり、小児科に駆け込むと夏風邪という診断。薬を飲み、一晩寝ると、えっ何の事?と言わんばかりの元気っぷり。

天候も心配でしたが、西海パールシーリゾートへ。(内容は嫁のBLOGを参照)

その後、我が演劇部が出演する伊良林校区祭りへ。リハーサルに間に合わないというハプニングがありましたが、みんな日頃の成果を発揮して一生懸命やってました。なかなか好評でしたよ。お疲れ様。

その後、中島川沿いの夜市に出発。一二三亭でおじやを食べて帰りました。先輩もどんぶり一杯ペロッと平らげ、満足そうでした。

明日はいよいよ先輩が帰ります。時間いっぱいまで愉しんでもらえるように作戦会議ですね。



keiho_drama_club at 22:13|PermalinkComments(1)TrackBack(9)

August 09, 2006

61回目の夏

今日は61回目の原爆の日。

本校でも平和に対する様々な取り組みをしました。

全校各クラスで折った千羽鶴をステージに献納し、平和に関するビデオ・講演を聴きました。

原爆詩朗読また、校内には原爆で犠牲になられた方をお祀りした慰霊碑がありますが、体育館での平和学習と平行し、本校同窓会による原爆慰霊祭(原爆忌)が行われました。

この中で我が演劇部代表6名による原爆詩の朗読を行いました。練習をしただけあって、同窓生の方にも評判が良かったようです。

その後、参列者による献花の後、千羽鶴の献納。

そして午前11時2分。

黙祷を知らせるサイレンが市内一斉に鳴り響き、本校生・同窓生共々黙祷を捧げました。黙祷中は静まりかえり、セミだけが鳴いていました。

あの日あの時、こんな暑い日だったのでしょう。

改めて平和について考えさせられた日でした。



keiho_drama_club at 15:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

May 15, 2006

第1回顧問会

本日、地区連盟の第1回顧問会議が行われました。昨年まで永きにわたり事務局をつとめられた岩永先生が本校の教頭になり、事務局を退く事に(演劇の顧問としては継続ですが)。今年度から私が担当する事になりました。

実は私には肩書きが多く

1.長崎県高等学校文化連盟演劇専門部委員長
2.長崎県高等学校文化連盟県南支部委員長
3.長崎地区高等学校演劇連盟事務局長

など…。実は演劇専門部は大きな行事を控えています。まず来年度のの九州大会。そして7年後に長崎県で開催される予定の「文化のインターハイ」といわれる全国高等学校総合文化祭、いわゆる全国大会です。

少なくとも私の肩書きが無くならない限り、先頭に立って、渉外活動、お金の捻出(広告等)、宿舎の手配等…。これまで運営の経験がある地区大会・県大会とは事業の規模が違います。長崎県全部の演劇に関わる教員が一致団結して取り組まなければいけない事業です。長崎地区のみならず県央地区・県北地区の先生方の協力が無くてはなりません。

しかし、心配事があります。それは演劇部および演劇部員が減少の一途をたどっている事です。今日の会議でも議題に出しましたが、今年度また2校の連盟退会がありました。他地区の減少もすさまじいようです。少子化による生徒減の影響もありますが、それ以外にも原因があるようです。その原因について検討し、再び長崎の演劇が勢いを取り戻すには何が必要かを真剣に考える時期に来ています。演劇だけではなくたの文化クラブも同様の問題が起きているようです。いままでなかった「中学校文化連盟」の設立などさらに下の年代からの文化人口の掘り起こし等対策も行われています。

こういった問題を抱え、今まで岩永先生の功績が大きすぎるだけに、果たして私につとまるのかどうか不安ですが、素人なりに精一杯やってみたいと思います。長崎県の高文連および演劇関係の先生方、なにとぞご協力をお願いします。



keiho_drama_club at 20:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

May 09, 2006

自主トレ

中間テスト前1週間になりました。1週間前という事で、練習ペースをダウン。ストレッチと発声中心のメニューです。発声だけは毎日しておかないと、来るべき本番に向けて思うようにいきません。基礎は地味だけど続けないと身に付きません。これはどのクラブでも言える事ではないでしょうか。

最近発声練習を見ていて気がついたのですが、生徒たちの息が続きません。それも安定して。これができないと致命的なんです。特に長台詞になると、呼吸が乱れてうまく台詞になりません。しかし試験1週間前という事で自主トレメニューを与えました。

まず、ティッシュペーパーを1枚取ります。大概のティッシュは2枚重ねになってますので、それをはがし1枚だけにします。その一枚を壁に指で押さえ、ふ〜〜吐息をはき指を離します。ティッシュが落ちないように長く続けます。10秒続けばとりあえず合格ラインです。これはただ肺活量があるだけでも出来ません。一定の勢いで乱れずふ〜〜っと息を吐き続けるのがコツです。ティッシュがめくれあがったりしてストンと落ちるのは、息が続かなくなって息が乱れるためです。結構難しいので皆さんもやってみてはいかがでしょうか。

さて、martensia先生は地獄の研修がスタートしたようです。先日の記事にコメントをいただきました。NETに接続できる環境だそうですので、現地からの先生の記事を期待して待ちたいと思います。(忙しくてそんな暇無いかな?)


martensia先生へ

先生の抜けた穴は大きいです(痛い…)。確かに授業数も増えましたが、1日が充実(?)していてあっという間です。ただ、視聴覚室での80人の授業はちょっと大変です(本音)。何とかしますので、研修を頑張ってください。現地からの記事も期待しています。何か変わった事があったら記事に書きますね。




keiho_drama_club at 20:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 13, 2006

クラブ紹介の効果?

 先日の記事でも書いたとおり、本日の午後クラブ紹介が行われました。

 我が演劇部の様子を見に行きたかったのですが、その時間帯に学年会議があったので行けませんでした。もし行けたら寸劇の様子を画像でアップしたかったのですが…。

 しかし、効果はあったようです。早速、放課後新入部員がやってきました。報告によると男子1名女子3名。中にはプロ志望の子もいるみたいで。今後が楽しみです。年度初めで校務が忙しく、おまけに生徒指導も重なり、なかなか練習を見に行けません。早く新入部員の顔が見たい。私が仕事がさばけないのが一番の原因なのですが…。部員諸君、すまん m(_ _)m 。

 まだまだクイズの正解者が登場しません。いい加減に解いてくださ〜い。


この場を借りて謝罪。SARRYの座席表、まだ見つけきらん。アナログ作業でご迷惑をかけております。そのうち何とかするから…。gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀gifアニメ 工事現場お辞儀



keiho_drama_club at 21:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 05, 2006

深刻な腰痛です…。

ここ数日、大掃除が続いています。(現実逃避のためという噂も…)

今日は演劇部が普段練習で使用させてもらっている合宿所の大掃除をしました。まずは大道具の片づけ。『海の底の六人』(九州大会出場)と『挿話〜エピソード〜』(全国大会出場)の大道具(セット)を倉庫に片づけました。ここ数年、本校演劇部はセットの大型化が進行し、移動が大変です。

おかげさまで腰痛が悪化し、深刻な状態…。後半は主に指揮に徹し(監督?)、今日も演劇部諸君が活躍してくれました。

床を拭き上げ、ワックスを塗り込みました。前日同様輝いています。

体育クラブの皆様、合宿所はきれいに片づけ、床も輝いております。存分に合宿にお使いくださいませ。



keiho_drama_club at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 27, 2006

流行の最先端

年度末も押し迫り、来年度の準備に追われる毎日です。

ここ数日、2年生棟の掃除に取り組んでいます。私がしなくてもいいのですが、日常から現実逃避したくて生徒とともにワックスがけにいそしんでおります。

今日は成績不振の補習該当者の生徒たちと、一番人通りが多く汚れが目立つ2年生棟一階の玄関周辺と多目的室のワックスはがしとワックスがけにいそしみました。以前にも書きましたが、ワックスをはがすときには剥離剤と言う薬品を使いポリッシャーをかけます。これがスリッパの底や洋服の布地を傷めるため、スリッパの変わりにお風呂スリッパを履き、洋服は汚れてもいい格好。

ちょうどそこに通りかかったのが、我が演劇部の生徒たち。現在オフシーズンのため、オフ用のメニューで練習をしています。持久力を付けるため学校周辺のコースを持久走させています。以前は信じられないくらい遅いタイムだったんですが、文化クラブなりに努力を重ね、まあまあのタイムになってきました。そのとき、

生徒:『わぁ〜、かっこわる〜!』

私:『わからんかな〜。これが流行の最先端のスタイルよ!』

生徒:  爆笑

現実逃避しながら作業をし、姿が映り込むくらい光り輝きました。

そのあとmon−t先生とkaku先生に誘われて昼食。そこでkaku先生が一言、

『業者の方?』

私:『…』

午後から、雑務をしながら、新入生の住所入力。単純作業ですから眠くなり…。音楽かけながら作業を続行。何とか終了しました。気がついたら夕方の6時。こうして一日が過ぎていきました。明日からは現実の世界に戻らないと…。

 



keiho_drama_club at 20:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

March 01, 2006

卒業生を送る会

平成17年度 第57回 卒業証書授与式が行われました。

天候は残念ながら涙雨になってしまいましたが、卒業生は晴れ晴れとした顔をして登校してきました。

今日は高校生として最後の登校。どんな気持ちで学校への坂を登ってきたのでしょうか。雨の日も雪の日もこの坂を上り、たくさんの仲間に出会い、様々なことを経験し、友人と泣き笑いした3年間。この3年間は彼らの人生において重要な1ページとなることでしょう。

担任の先生方、おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。今日一日、万感の思いで複雑だったと思います。3学年担当以外の先生方も、職員室にお礼を言いに来た卒業生といろいろな思い出話に花が咲いていました。そして涙…。この日だけは涙が似合います。

話は変わりますが、このBLOGによく登場する、F川先生。普通科3年C組の副担任としてはじめて卒業生を送り出すために、今日は朝から気合いが入りまくり。朝の五時からセットや着付けに大忙し(ばらしちゃった)。華やかな先生の姿は、式場でも一番目立っていましたよ。


その後、我が演劇部でも生徒主催で卒業生を送る会を行いました。この学年は悲願の全国大会出場の重要な役割を担い、彼らがいなければこの功績も成し遂げられなかったと思います。部長は東京の劇団で役者修業、副部長は大学進学、音響担当は東京の専門学校で音響の勉強をしにいきます。今後様々な場面で活躍することを期待します。

 

第57期生の皆さん、卒業おめでとう。



keiho_drama_club at 13:33|PermalinkComments(1)TrackBack(1)